弦楽器の種類

Violin Family

音域と大きさの違う4つの弦楽器。

バイオリン、ビオラ、チェロのいずれも、基本的な構造や演奏方法がよく似ているため、3種をまとめてバイオリン属と呼びます。独特の瓢箪型の本体に、ネック(軸)が通って4本の弦が張られており、その弦を弓で擦って弾きます。音の高さは上記の順番に低くなり、サイズは大きくなります。以下で、それぞれの特徴などを紹介いたします。

バイオリン

バイオリン属の中で最も高い音域を奏でます。肩とあごで本体を挟み、片手でネックを支えながら弦を押さえ、もう片方の手で弓を持って演奏します。子供向けとして、小さく作られたバイオリン(分数楽器)が一般的に7種類あります。

メロディを奏でることが多く、オーケストラの花形と言っても良いでしょう。

ビオラ

フランス語では「アルト」とも呼ばれ、バイオリンよりも少し低い中音域の楽器です。本体はバイオリンに比べて大きさにばらつきがあり、体格に合わせて選びます。日本人は比較的小柄な人が多いので、39~40.5cm程度のものが好まれています。演奏方法はバイオリンと同様です。

副旋律を奏でることが多いものの、曲をまとめ上げる重要な役割を担っています。

チェロ

本体に重さもあるためあごで挟むのは困難で、底部にエンドピンと呼ばれる棒状の部品を斜めに立て、膝で支えて演奏します。オーケストラでは低音域を担当し、座って演奏することが多い楽器です。バイオリンと同じく複数の分数楽器があり、身体の大きさに合わせて選びます。

独奏曲やチェロが主役の協奏曲なども多く、根強い人気があります。

コントラバス

コントラバスはバイオリンとは別のヴィオール属として生まれ、バイオリン属の特徴を取り入れて進化しました。なで肩の本体や弓の持ち方の特徴に、起源の違いを感じられます。チェロと同様、底部にあるエンドピンを立て、主に立ちながら演奏されます。

クラシックに留まらず、ジャズやポップスなど幅広い分野で活躍しています。

商品のお買い求めはこちら! オンラインショッピング
  • 初めての弦楽器
  • バイオリンの選び方