バイオリンの選び方

バイオリンは、弦を弓や指などで振動させることで音を出す弦楽器の一種です。
ネックを含めた全長は約60cmで、一般的にボディの長さで楽器の大小を判断します。現代では355mmが平均的な大きさで、オールドは352mm前後が多くなっております。重量に関しては、400g程度のものがほとんどです。

暗く重厚感のある音色から、華やかで明るい音色、響きの良い音色などまで、音色は価格や生産国、バイオリンの材料や作り方によってさまざまです。バイオリンの生産地としてはドイツやイタリアなどが有名ですが、最近では中国製のバイオリンも人気があり、コストパフォーマンスに優れ、音色についてもご納得いただけるものが増えてきました。音色だけではなく見た目についても、明るい色合いのものから、渋くオールドの雰囲気を感じさせるものまで多種多様です。

各部の名称と説明

バイオリン本体の各部分の名称と、演奏に必要な箇所の説明を掲載いたします。


  • 糸巻き
    弦を巻き上げる部品です。バイオリン本体にあいている穴にねじ込んで弦を締めます。

  • 指板(しばん)
    弦を指で押さえつける黒い板の部分。

  • 太い弦から細い弦に向かって、G(ゲー)線、D(デー)線、A(アー)線、 E(エー)線となります。アルファベットはすべてドイツ語読みです。

  • テールピース
    弦を引っ張る部品です。各弦用に穴があいており、弦の端をひっかけて使います。
    弦の張りを調節するのが細かくて難しい弦(E線)には、アジャスターと呼ばれる細かい調弦が可能となる部品が付いていることが多く、弦の張りを微調整できるようになっています。
    プラスチックやエボニー、ローズウッドなど、その材質はさまざまです。

  • アジャスター
    弦の張りを微調整するために使う部品。
    E線には最初から付いているものが多いのですが、A線D線G線にも取り付けることが可能です。
    また、テールピースと一体式になっているものもあります。

  • あご当て
    バイオリンを弾く際にあごを乗せる部品です。
    テールピースと同様に、プラスチックやエボニー、ローズウッド、ボックスウッドなど材質や形状はさまざまです。

バイオリンの選び方

  • 本体の選び方
  • 弓の選び方
  • 肩当ての選び方
  • 弦の選び方

本体の選び方

大人の方であれば、サイズは4/4のフルサイズで良いでしょう。
分数楽器は、主に身長に合わせて作られていますので、
お子さまのためのバイオリンなどは以下を参考にしてください。

バイオリンサイズ表
サイズ 4/4 3/4 1/2 1/4 1/8 1/10 1/16
身長(cm) 145以上 145~130 130~125 125~115 115~110 110~105 105以下

あくまで目安です。

ポジティブでは、安価な中国製のバイオリンから、素敵な彫刻入りのもの、優秀な職人が手作りで仕上げた高価なものまで幅広く取り揃えております。予算内から探しても良いですし、木材の種類による風合いや、あご当て・糸巻き(ペグ)の色などお好みで選ぶのも一つの方法です。

弓の選び方

スティックの部分は、丈夫でしなやかさを兼ね備えたヘルナンブコなどが良いとされています。最近では、材料となる木が減少していることもあり、カーボンやカーボンとグラスファイバーを混ぜた素材の弓も作られています。カーボンの弓はヘルナンブコに比べしなやかさには劣りますが、耐久性に優れているため、初心者の方にもオススメです。また、本体に合わせて複数のサイズが用意されていますので、確認してお選びください。

肩当ての選び方

肩当ては、首の長さや骨格などにより、付けた方が弾きやすい方、付けなくても問題ない方がおられます。素材は大きく木製とプラスチック製があり、木製の方が音色は変わりにくく、プラスチック製はさまざまな色と軽さが特徴です。付ける角度によっては逆に弾き辛くなることもありますので、自分に合う取り付け位置を確認しましょう。

弦の選び方

弦の材質によって3つに分類されます。「ガット弦」は古くから使われ、羊の腸の繊維をよじり合わせて作られる高級弦で、魅力的な音質ながらチューニングが難しいため中・上級者向けです。「スチール弦」は金属の線が使われており、クリアで明るい音で、安定性や耐久性に優れチューニングも容易。「ナイロン弦」は合成繊維で作られており、ガット弦とスチール弦の長所を兼ね備え、初心者からプロまで幅広く人気のある弦です。

値段もさまざま

安い買い物とは言えないバイオリンですが、1万円台から1億円を超えるものまであります。アマチュアの方は10万円から数十万円程度のもの、プロの奏者は100万円から1,000万円を超える程度のバイオリンをお持ちであることが多いようです。当社では、1万円台から100万円を超えるものまでご用意しておりますが、入門者の方には2万円台後半から6万円程度のものをオススメしています。

どのバイオリンが良いか迷われている入門者の方に
オススメのセットなどもご用意しておりますので、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

当社がオススメする、初心者向けのバイオリンセット

商品イメージ

Speranza(スペランツァ)バイオリン

コストパフォーマンスに優れた、当社イチオシのバイオリン

生産国
中国

当社オリジナルのバイオリンです。
低価格ながら木材は単板削り出しにこだわり、塗装には明るめのニスを使用。音の立ち上がりが良く、明るく華やかな音色が特徴です。アジャスター一体式のテールピースが標準装備されているので、初心者の方も楽に調弦できます。近年、中国製バイオリンの品質は飛躍的に向上しており、入荷後も当社にて職人が丁寧に点検・調整してから発送しておりますので、品質面が不安というお客さまもご安心ください。

本体のみの販売だけでなく、これからバイオリンを始める方に向け、必要最低限の付属品をお付けしたセットでの販売も行っております。詳しくは商品ページをご覧ください。

商品イメージ

Suzuki スズキバイオリン

安定した品質で選ぶなら、国内産のスズキバイオリンを

生産国
日本

安心・安定の国内産バイオリンです。
初心者向けから上級者向けまで、さまざまなバイオリンの取り扱いがございます。その中でも、これからバイオリンを始める方へオススメしたいのは、スズキバイオリンNo.230SETです。こちらはバイオリン本体に弓・松脂・ケースを付けたセット販売となります。お客さまのご希望に応じて、その他の付属品(肩当て、譜面台など)をお付けすることも可能です。

また、一番細いE線に関しては、弦を張る際に駒に食い込み、駒の交換が必要になる場合がございます。そうした不具合を防げるよう、当社では「皮」を張る加工を行っており、またバイオリン本体の点検・調整はすべて職人が行っておりますので、安心してご購入ください。

弦の選び方

バイオリン弦の素材はさまざまで、その素材によって音の響きや強さ、質が異なります。
ここでは、バイオリン弦の素材について簡単に説明させていただきます。

  • ガット弦
    ガット弦の主な素材は、羊の腸です。それを細く加工して撚り合わせたものに、金属を巻いて仕上げた弦までをガット弦と総称しています。弦を張ってから楽器に馴染むまで時間がかかり、湿度や温度などの影響を受けやすいという性質がある一方、他の弦にはない独自の音質が出せるため、数多くのプレイヤーに愛用されています。
  • スチール弦
    スチール弦の素材は、その名の通り「金属」です。音質はクリアで明るい音色を持つ弦が多く、安定性や耐久性に優れていること、また価格が比較的安いという特徴があります。
  • シンセティック弦(ナイロン弦)
    シンセティック弦とは、人工的に開発された合成繊維を使用している弦のこと。一般的に「ナイロン弦」と呼ばれることもありますが、実際には多様な合成繊維を用いて作られています。ガット弦の音質とスチール弦の耐久性を兼ね備えていること、チューニングがしやすく、価格が安いことなどメリットが多く、現在、バイオリン弦・ビオラ弦の主流と言えるほど普及している弦です。

主な弦のメーカー

  • ピラストロ(PIRASTRO)
    ドイツのオッヘンバッハを拠点とする、弦の老舗メーカーです。
    主にガット弦を製造しており、オリーブ(oliv)とオイドクサ(Eudoxa)
    いうロングセラーの2大ブランドは、ガット弦の世界標準弦となっています。また他にも、エヴァ・ピラッツィ(EvahPirazzi)、パッシオーネ(Passione)、オブリガート(Obligato)などの弦も広く愛用されています。
  • トマスティーク-インフェルド(THOMASTIK-INFELD)
    革新的なスチール弦を開発した、オーストリアが世界に誇る弦メーカーです。
    世界に先駆けてスチール弦を開発し、ナイロン系のベルロンという合成繊維の素材を芯材に用いたシンセティック弦で、プロの演奏家をはじめ、愛好家に至るまで幅広い支持を獲得しました。このメーカーの弦で一番有名なのはドミナント(Dominant)という弦で、その品質の高さから今も圧倒的な人気を誇っています。
    前述のドミナント(Dominant)だけでなく、Vision(ヴィジョン)、スピロコア(Spirocore)、Infeld Red(インフェルド・レッド)なども有名です。
  • サバレス(SAVAREZ)
    1770年、フランスのサバレス家により設立された弦メーカーです。長くガット弦のメーカーとして発展してきましたが、合成繊維を芯材に用いたシンセティック弦を開発して、大きな発展を遂げました。
    張替えた直後からチューニングが安定するスチール弦・シンセティック弦に定評があり、バイオリン弦だけではなく、クラシックギター弦も人気があります。
    日本の繊維メーカーが開発したフッ素樹脂を芯材に用いたアリアンスヴィヴァーチェ(Alliance Vivace)や、新しいラインナップとして2013年に発売されたコレルリカンティーガ(Corelli Cantiga)などが有名です。
  • D'addario(ダダリオ)
    ガット弦の製造から始まった、アメリカの弦メーカーです。
    ギター弦の製作へと移行し、技術改良を経て事業を拡大。その後、バイオリン弦などの弦楽器用の弦の製作が再開され、現在に至ります。ヘリコア(Helicore)、カプラン(Kaplan)などが有名です。
商品のお買い求めはこちら! オンラインショッピング
  • 初めての弦楽器
  • 弦楽器の種類